健康が気になるならエストロゲンを取り入れよう

肌のハリと潤いを保つ

レディ

食べて補給する

寒い季節は木枯らしや暖房器具による、お肌の乾燥やシワなどで悩む人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめな栄養素がコラーゲンです。コラーゲンとは、身体のたんぱく質のおよそ3割を占める成分で、細胞や組織をつなぐ接着剤としての役割や組織を修復する役割を果たしています。また、骨へのカルシウムの吸収を助け、関節の動きをスムーズにし、皮膚のハリと潤いを保つなどの働きがあり、美肌に効果的といわれています。その他にも、免疫機能を強化し、癌やアレルギー予防にも有効であるという報告もあり、期待が持たれています。コラーゲンは皮下組織に多く存在し、皮膚の新陳代謝に大きく作用します。そのためコラーゲンが不足すると、皮膚の最上層である角質層にまで影響を与え、これが肌の乾燥やシワ、たるみの元になるのです。コラーゲンの量は30代から徐々に減っていき、老齢期になると体内でのコラーゲン合成量が極端に減り、20代の頃と比較して2割程度になるといわれています。それが皮膚の老化や骨の弱化、老眼などの一因となります。お肌の調子が悪い時は、コラーゲンが不足しているシグナルです。コラーゲンは、鶏の軟骨や砂肝、豚足、すじ肉、エビ、カレイなどに豊富に含まれています。コラーゲンをたっぷり含んだドリンク剤や食品を食べて肌に潤いを補給しましょう。また、ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあるので、併せてとるとよいでしょう。